ワイン用タイトル
ワイン用home
種類 地方・ワイン名・ドメーヌ・生産者 コメント
ニュージーランド Marlbough
PELORUS 1998 Cloudy Bay
蒸し暑かったので泡が飲みたくなって氷付きで持参。さわやかなりんご、熟成した酵母の香り、ハツラツとした風味でベースはシャルドネ細かい泡がいつまでも続く・・・!
フランス Val e Loire
Sancerre La Bourgeoise 2000
Henri Bourgeoise
中程度のイエローで柑橘系、ミネラルのアロマ、酸が豊かキリッと引き締まって、キンキンに冷やして飲むが好きロワール地方では有名な生産者品種はソーヴィニョンブラン。
イタリア Friuli Venezia Giulia IGT
Vintage Tunina '99 Iermann
オーク樽で熟成させた一風変わったブレンドする白のトップクラスの生産者。品種はシャルドネベース。白い花、トロピカルフルーツの香り、エレガントながらしっかりしたボディだが、繊細で微妙な味わい
フランス Côtes du Rhône
CONDRIEU Côte Ballay 2000
À Saint Pierre de Bluf
ヴィオニエ品種。アプリコット、黄色の花の香り、アルコールのボリューム感と口中に広がる厚みのある味わいが魅力だが、後味は結構スッキリかな・・・?
フランス Bordeaux
d:vin 2001 Chateau Lauduc
最初のビンテージが’97。CS30%、M70%、ACボルドーと思えぬ厚みとバニラ香が溶け込み、タンニンがしっかりして、まろやかなエレガントな味わい口の中に広がる
フランス Bordeaux Saint-Julien
Clos du Marquis '95
レオヴィル・ラスカーズのセカンド。チェリー、ブラックカラントの香り、酸がしっかりして、まろやかな甘味を持つ果実味とのバランスもよく、きめ細かくタンニンも溶け込んでいる。
フランス Bourgogne Savigny Les Beaune 1er Cre
Savigny Les Beaune Les Vergelesses '88
Lou Dumont
’88は大当たりのビンテージ。まだまだ新鮮な果実味が残りながら、酸はしなやかで、よく溶け込んでなめらかになったタンニンの中に品格のある味わい
スペイン Penedès DO
Mas La Plana Gran Reserva '89
Torres
カベルネソーヴィニョンが品種。特徴のあるブーケ、口当たりなめらかで、アルコールのボリュームを感じ、果実味が豊でタンニンが程よい厚みで奥深さを感じるバランスにいい赤。
鍋第29回 焼き茄子のカルパッチョと茄子のとろとろグラタン
第29回 7/11のワインリスト
7/11のワインリストの画像
ワイン用index
今回は、当日参加者もいて結構な人数になりました。2人で参加するので、1本でいいワインを持参した参加者もいました。ワインもいろいろな国があり白も多かったです。次回用にと2本持ってきた参加者のワインも飲んでしいました。どうもすみませんでした。結局1人1本ないと足りないということがよくわかりました。だってみんなお酒強いんでーす・・・!